郵政民営化後の郵便

代金引換郵便は注意

一般消費者にはあまり関係がないかもしれません。

代金引換郵便、代金引換ゆうパックは、今までは代金をそのまま
業者へ渡していたのですが、民営化後は消費税抜きで3万円以上
かかるものに関して収入印紙代を差し引いて業者へ渡すようになります。

通販販売を取り扱う会社にとって痛い負担になります。
posted by kaprin at 22:18 | ゆうびん・ゆうパック料金

今ある切手やはがきはどうしよう

家にある切手やはがきが使えなくなることはありません。

そのまま、民営化後も使用できます。

ゆうびんやゆうパックを差し出す場合でも、いままで通りで大丈夫。全国の郵便局や郵便ポストも使えます。

ゆうパックなどの取扱いしているコンビニなども変更ないようです。




タグ:切手 はがき
posted by kaprin at 22:27 | 民営化後のサービス

ゆうびん・ゆうパックの料金は?

民営化なっても料金は変わりません。

低料金な郵便物や点字郵便などの無料なものの、いままで通りに利用できます。
一部変更は、代金引換などの手数料が変わるようです。
利用する方は、近くの郵便局に尋ねられたほうがいいですね!

民営化が始まるまで、料金はどうなるかと思いましたが、ひと安心です。
このまま続いてくれれば、なお良いですが


posted by kaprin at 21:57 | ゆうびん・ゆうパック料金

民営化の郵便サービス

民営化によって、持株会社と4つの事業会社と5つに分かれます。

ゆうびん、ゆうパックなどは、郵便事業株式会社が経営していくこととなり
内容証明郵便や特別送達郵便は、新たに設けられた国家資格『郵便認証司』を置き、適正な取り扱い、信用を確保するようです。


民営化後も手紙やはがきなどのゆうびん料金の変更なく、いままでとおり全国均一の料金で利用できます!!











posted by kaprin at 21:52 | 民営化後のサービス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。